節水トイレへのリフォーム

トイレのつまりの原因で増えているのが節水トイレへリフォームが原因のケースです。最近では以前よりもリーズナブルな価格で節水トイレへリフォームする事ができるようになってきました。しかし、リーズナブルな業者に依頼してしまうと全体の構造を理解できていないケースもあり、トイレがつまる原因になってしまうのです

リフォームなぜ、節水トイレへリフォームした事がつまりの原因になってしまうのかというと、排水管が床下に配置されている従来の床下排水管のトイレを節水トイレにリフォームするような場合には、これまでの工法で単純に上物だけを交換してしまうとドア付近にまで便器が近づいてしまいます。その為、使いにくさを解消するためにリフォーム前の便器の位置と同じ位置に設置するために排水管の工事を行います。この排水管の変更する際に便器の位置ありきで考えてしまうと無理やり排水管の構造を変える事になります。ただでさせ水の量が少なくなっておりますので、節水トイレへリフォームした事がきっかけでトイレがつまりやすくなってしまうのです。もちろん、一般的な業者さんでしたらその辺りも考慮されておりますので心配ありませんが、万が一の可能性もありますので、業者選びは慎重に行うようにしてください。

過度な節水が原因

節水こちらは意外に知られていないのですが、過度な節水が原因でトイレがつまってしまう事があります。テレビの節約番組などで貯水タンクにペットボトルを入れて水を流す量を調整する裏ワザなどが紹介されていることもありますが、実はこのような方法で流れる水を調整してしまうとトイレがつまる原因になってしまうのです。

トイレは大量の水が流れているような印象を受けるかもしれませんが、トイレの構造に合わせて水の量があらかじめ決まっております。この量を節約のためだと言って少なくしてしまうと流し切れない部分が蓄積してしまい、最終的にトイレが詰まってしまうのです

他にも大をした時に小で流すような場合、表面上は流れているのかもしれませんが、奥の方でしっかりと流れていないような事も懸念されます。しっかりと大量の水で流し切るというのはとても重要な事になるのです。同様に小をした時にトイレットペーパーを使用するような場合には、なるべく大で流すといった事が必要になります。もし、異物を流したわけでもなく、大量のトイレットペーパーを流したような覚えがないような場合には、もしかしたら過度な節水が原因の場合もありますので、節水は辞めた方が良いと言えます。

≪参考サイト≫https://0120245990.com/トイレ/トイレつまり.html
トイレつまりの原因について説明をしている水道救急センターです。

流した物が詰まった

トイレのつまりの原因として多いのが、流した物が詰まってしまった事によるつまりです。トイレがつまってしまった場合には、まず何を流してしまったのかを思い出すというのがとても重要になってきます。特に勘違いしている方が多いのがティッシュペーパーです。

トイレットペーパーティッシュペーパーとトイレットペーパーは同じ薄い紙ですので似ているように思われますが、本質は大きくことなります。トイレットペーパーとティッシュペーパーを並べてもらうと一目瞭然なのですが、トイレットペーパーにくらべティッシュペーパーのほうが繊細でもろくなっております。これは、トイレに流す時につまらないようにするために開発されており、水についた時に細かくなりやすいように作られているからです。もちろん一度に大量のトイレットペーパーを流してしまうと水に溶けずにつまってしまう可能性もありますので合わせて注意が必要になります。

また、異物を流してしまうのもトイレがつまる原因になります。雑巾や軍手、携帯電話、芳香剤の蓋、子供のおもちゃ、使い捨てカイロなどが誤って流れてしまったような場合には、トイレが詰まってしまう原因になってしまいますので注意が必要になります。トイレがつまってしまった時には、何を流してしまったのかを確認するようにしてください。

トイレのつまりの原因

テレビ番組をみていると、トイレのつまりの修理業者のコマーシャルが放送される事があります。家の老朽化によって様々な部分が傷んできますが、もちろんトイレも例外ではありません。特にトイレは非常に利用頻度の大きい部分になりますので、痛みが激しく家の建て替えよりも先にリフォームが必要になってくる部分でもあります。

トイレトイレのつまりは老朽化だけではありません。トイレの構造などによっては詰まりやすいようなケースもありますし、トイレにとってストレスになりやすいような使い方を日常的に行っているような場合には、新しいトイレであってもトイレがつまってしまうようになるのです。

トイレをつまらせない為に必要な事は、日常的にトイレがつまらないように意識して大事に利用するという事です。もともと詰まるように設計されているわけではありませんので、しっかりと意識してつまらないように利用する事ができれば、トイレがつまる事におおびえる必要はありません。

しかし、意識してつまらないようにしようと思っても、どのような事が原因となってトイレがつまってしまうのかを理解できていないと効率的にトイレのつまりを予防する事はできません。そこでこちらのページでは、トイレのつまりが起きるのはどういう理由があるのかなどの情報をご紹介します。トイレのつまりはある日突然起こってしまいます。現時点で問題なく使えている方も、明日はどうなるかわかりませんので、ぜひチェックしてみてください。