節水トイレへのリフォーム

トイレのつまりの原因で増えているのが節水トイレへリフォームが原因のケースです。最近では以前よりもリーズナブルな価格で節水トイレへリフォームする事ができるようになってきました。しかし、リーズナブルな業者に依頼してしまうと全体の構造を理解できていないケースもあり、トイレがつまる原因になってしまうのです

リフォームなぜ、節水トイレへリフォームした事がつまりの原因になってしまうのかというと、排水管が床下に配置されている従来の床下排水管のトイレを節水トイレにリフォームするような場合には、これまでの工法で単純に上物だけを交換してしまうとドア付近にまで便器が近づいてしまいます。その為、使いにくさを解消するためにリフォーム前の便器の位置と同じ位置に設置するために排水管の工事を行います。この排水管の変更する際に便器の位置ありきで考えてしまうと無理やり排水管の構造を変える事になります。ただでさせ水の量が少なくなっておりますので、節水トイレへリフォームした事がきっかけでトイレがつまりやすくなってしまうのです。もちろん、一般的な業者さんでしたらその辺りも考慮されておりますので心配ありませんが、万が一の可能性もありますので、業者選びは慎重に行うようにしてください。