過度な節水が原因

節水こちらは意外に知られていないのですが、過度な節水が原因でトイレがつまってしまう事があります。テレビの節約番組などで貯水タンクにペットボトルを入れて水を流す量を調整する裏ワザなどが紹介されていることもありますが、実はこのような方法で流れる水を調整してしまうとトイレがつまる原因になってしまうのです。

トイレは大量の水が流れているような印象を受けるかもしれませんが、トイレの構造に合わせて水の量があらかじめ決まっております。この量を節約のためだと言って少なくしてしまうと流し切れない部分が蓄積してしまい、最終的にトイレが詰まってしまうのです

他にも大をした時に小で流すような場合、表面上は流れているのかもしれませんが、奥の方でしっかりと流れていないような事も懸念されます。しっかりと大量の水で流し切るというのはとても重要な事になるのです。同様に小をした時にトイレットペーパーを使用するような場合には、なるべく大で流すといった事が必要になります。もし、異物を流したわけでもなく、大量のトイレットペーパーを流したような覚えがないような場合には、もしかしたら過度な節水が原因の場合もありますので、節水は辞めた方が良いと言えます。

≪参考サイト≫https://0120245990.com/トイレ/トイレつまり.html
トイレつまりの原因について説明をしている水道救急センターです。